■SEO対策〜初級?

題名は初級だが… SEO対策の内容について濃い〜味に書いて参ります。
Yahoo!などの検索エンジンにて、お客さんが何らかのキーワード検索した時に表示される検索結果において、出来得る限り上位に表示させようとする対策が‘SEO’であります。

Search Engine Optimization 》
こちら情報として簡単に言えば「検索エンジンに対す最適化」
このようなものになぜに存在根拠があるかと申しますと……

例えば、Yahoo!検索エンジンにて‘ Yahoo SEO対策 ’と検索してみて下さい!
右上のあたりに「約〜件」という表示がございますね。
調べるとこれは、Yahoo!検索エンジン側が認めたページで・・・
Yahoo SEO対策 ’に関するホームページなどが、現状「〜件」あるという意味となります。
(この「〜件」表示はコロコロ増減します)

そして、左側上部あたりに「スポンサーサイト」がいくつか。。
その下方にズラッと並んでるのがズ・バ・リ!
前述の「〜件」の上位10ページ分なのです。
最下部の、「1 2 3 4 5 … 次へ>」で、下位のほーも見られますよっ^^

さて、その「1 2 3 4 5 …」はYahoo!検索エンジン側が勝手に決めてる順位順のページとなるのですが、あなただったら何ページ(何位)まで見ますか???
恐らくほとんどの人は、せいぜい2,3ページ(2,30位)までが限度でしょう。 忙しい人やセッカチだったら、2ページ目以降さえ見ないのでは?
統計がけっこう出てまして、相当数の人が実質10位までぐらいしか見ないこと多い!

‘ Yahoo SEO ’で検索致しますと1億以上のホームページなどがYahoo!検索エンジンに認められてるわけですが、多くの人が実質見るのは「1億分の10」となってしまうとも…
そうなって来ると、「1億分の10に入りたいっ!」と考えるのが人情でしょう^^
ここで、SEOという対策が熱望されるわけであります〜 特にリンクについてなど調べることをおすすめします!

SEO対策では、Yahoo!やGoogleといった検索エンジンにおいて前述の上位表示を達成させるために、「発・被リンク」や「キーワード最適化」などの技術が用いられます。
中でも最重要と考えられるのが「リンク」です。
これは様々な検証からも疑いようございません。 基本的にそのページの評価が良いか?です。つまり内容の部分・・・

ホームページと言うものは、そもそも「リンク(つながり)ありき!」なのです。 つまりは「リンクの無いホームページなんて実質存在しないに等しい!」というのが根幹理論とも…
よって、検索エンジン側もより重要視したがるでしょうし、順位付けの時に重く考えていると思われます。

とっても難解なのですが、基本的に「」と「」という表現が端的でわかりよい!
---------------------------------------------------
発リンク
自身のホームページから発信(紹介)しているリンクのこと
被リンク
自身のホームページが受けている(もらっている)リンクのこと
---------------------------------------------------
〜もちょっと詳しく情報を紹介させていただきますね〜

検索エンジン側から見た「発リンク」に対する評価は結構重要と考えます。 つまり、「どのようなホームページをあなたが紹介しているか?」といった感覚です!

リンクをする場合に、「Yahoo」と「SEO対策」というキーワードを主とするホームページであれば、当然それらに不自然感のない関連サイトが紹介されているべきでしょう。

もちろん全く関係ないページにリンクするのも自由です。
しかし、検索エンジンは「どのようなことをあなたが紹介しているか?」といったことまで見て評価しているのよ。
よってその際、関連性の高いホームページへリンクしてるほうが、より高評価となると考えるのが妥当でありましょう。---------------------------------------------------

つづきましてーー「被リンク
これが高評価となる、最も重要なSEO対策と言ってよし!(調べてください。)
つまりは「どれだけ高評価なホームページから〜リンクしてもらってるか?」が重要です。
SEO対策@によります〜被リンクの重要度
(これは大変なことです!)

あなたが上位になりたいと考えるキーワードにおいて、すでに上位のホームページからリンクを受けるのが効率的。
しかしながら、すでに上位に位置してるホームページというのはライバルであることがほとんどで、すんなりリンクしてくれることは稀でありましょう。

よって、その評価の良いホームページを自前でやるのが得策かもしれません。
ただ注意事項として、その自分のサイトのほうにも被リンクが必要となりますのでこれは大変なことです…
結局のところ、初期段階では他者のホームページのお力をお借りするのが一般的であります。

SEO対策での2番目に重要な「キーワード最適化」に関しては、以下のようなものがございます…
☆出現頻度(出現率)
☆近接度
☆配置&バランス
---------------------------------------------------
調べてみましょう♪

キーワード出現頻度」「キーワード出現率」ってのは、あなたのホームページ内に構成単語(‘キーワードの種類’的意味)がどのくらいの頻度で出ているのか?といった概念でございます。
テーマとしたい単語がたくさん出てくればよいわけでもないのが難解なところ。。
適度!?に出てきてバランスのよいキーワード出現が、概ねYahoo!検索エンジンに好まれる傾向という意見も。---------------------------------------------------

また、「近接度」というのを、ものすごい単純に説明しますと… キーワード同士の近さ!的概念。

「濃い味のYahoo SEO対策」って内容のホームページがあります。調べると、、どう見ても主としたいキーワードは「SEO対策」そしてまた「Yahoo」でありましょ^^ そうしますと、それらの単語をある程度近めに配置するのが得策となり得るわけ。
上記キーワード同士が、もしも離れていると、関連する内容の評価としては〜「Yahoo SEO対策」とか検索しても上位になりにくいと…

ただ、全てにおいて近づける必要はございませんよ。 ホームページ内で、ほとんど全部が離れていると不利になる可能性が高めと考えれば良いのでは。
これが、キーワード近接度となります。---------------------------------------------------

最後に「配置&バランス
あなたが主としたいキーワードを、どのへんに配置するのがSEO対策として最良か?
ご存知の人も多いと思われますが、ホームページ内の上部に尽きましょう!! ソース的な話をすれば、h1とかh2といったタグ内でしたり、そのすぐ下部だったり…

これはどういった概念かと申しますと、Yahoo!検索エンジンがあなたのホームページを評価する際、「テーマはいったい何ぞや?」などと見ます。 つまりは、「どんなキーワードをより強めようとしているのか?」ってこと。

へんな例えで恐縮でございますが、題名が「SEO対策の初級!」であれば、強めようとしてるキーワードが恐らく、「SEO」「対策」そして「初級」であることは一目瞭然でしょ?
ただ、それらのみで評価をしてるわけじゃありません。 題名以外のさまざまな文章にても順位を決めてるわけですが…

ここで疑問が浮かびませんかっ!
「何百万・何千万というホームページの順位付けをどのようにしているのか検索エンジン???」
ま、色んな要素にてやってるのは想像出来るでしょうが、その中でも重要なのが上部方面のキーワードでございます。

例えとしては〜論文
「何が一番謳いたいテーマなのかな?」
あなたがもし判断するとして、どのへんを見ますか? それはもちろん、題名そしてまた上部に目立つよう書かれてる単語でしょう。
それと同じような感覚で検索エンジンは考える、ってみればどうでしょうか!
よって、h1とかh2内でしたり、そのすぐ下部だったりが重要視される。
ただし、たくさん入れるのは意味なしと思われる…

最後に、何らかのキーワード・バランスが、その評価への重要な技術となっていることもあわせて申し上げておきます。

末筆となりますが、SEO対策というのは結局のところ、、、
□「発・被リンク」
□「キーワード最適化」
上記二つについて「検索エンジンはどのように評価をしてるか?」を探っていく作業と考えて差し支えございません。

肝心なところ

※ 検証やわたしの意見などは、相当に自信のあることのみ。しかし、疲れや寝不足からくる”ミス”などが無いとも限りません…(笑)
以上を踏まえた上でご覧あれ〜